スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「始まりの物語」

haruka4.jpg

風早:白川トモヒラ サザキ:ウソノカツヲ 布都彦:水野りんご 遠夜:スガ
アシュヴィン:サイトウ翔 那岐:七瀬スイ 柊:李亜 忍人:鳴海あきな
千尋:ありあ

photo by 椎名はじめ
<敬称略>


なんか、やっとわかったかも。
4の「始まりの物語」という言葉。
わかったというよりも「そうなのかな~。」という程度でまだ全然確信は持てないし、若干無理やりな解釈のような気もするけど、けれど、遙か4のことが少し理解できた気がします。

私の中でのキーワードは「風早」と「神にあらがい、~」のキャッチです。



今まで風早のチートと風早ルートの特殊性の意味がイマイチよくわからなかったのですが、その謎もなんとなく解決しました。(でも風早というキャラは好きだった)
あと、統一がなされていない八人のキャラ(めんどくさいから以下八葉で)のシナリオの謎も。

つまりは
「神にあらがい、恋を貫く――
 その想いが、伝説になる。」
ということでFAなのかな。

このキャッチって、千尋(とせいぜい風早)の事だけを指してると思っていたのですが、千尋と八葉、そしてひょっとしたら龍神自身のことも指しているのではないかと思い直しました。
(神は龍神なんだからそれはおかしいけれど、神も(千尋によって)自身にあらがったと考えると面白いかも。)


逆転の発想でみてみた。
なぜ彼らは初めから(宝珠もないのに)「神子を守る存在」であったのか?

龍神じゃなくて、彼らは彼ら自身の意志で神子を守っていた(守る力を持っていた)
そして、神にあらがった結果→のちの八葉。ということなのではー?
だから八葉設定がないのかな?

1、2、3から4をみてたら、この事に気付かなかったかもしれない。


先のことではなく、純粋に4のこと(設定)を見つめてみると1、2、3に繋がりました。
先ばっかり見ていたら4のことは分からなくて、遙かシリーズの「始まり」もわからない、ということなのでは?
真の意味で「始まり」なんだな、と。

1、2、3があっての4だから、どうしても色々と関連付けながら考えてしまっていたのかもしれません。
難しいけれど、一度本当に「4だけ」をみると世界が違ってみえました。



ひゃー、しかし本当に私の思うとおりだったらルビパすげー……。
マジで脱帽します。東に足向けて寝れない。

4の追加はいいから、早く5出して~!
ただ声優さんは元に戻してください。
あれだけは本当に意味わからん!!

スポンサーサイト

2009/10/05 05:31 | 日々のつぶやきCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。