スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

遙かコミック

海外版があるらしいです。っていうか、ハワイのお土産でもらいました。

CAWIZVJ4.jpg

最新刊が5巻で、4巻も貰いました。表紙は日本版と一緒!

正直、どんなマカダミアナッツよりも嬉しい。
もう大分涼しいのに、夜の外なのに、汗ダーダーかいてました。

だって、友天が英語でしゃべってるんだよ!

CAAM1OXG.jpg


だって、頼久と友雅が英語でしゃべってんだよ(笑)

CADNKPFP.jpg


だって、頼久が天真のことを英語で想っている(考えてる)んだよ(爆笑)

CA6MGDE3.jpg


割と白虎とか朱雀、玄武は違和感ないんですが、青龍だけすごい違和感。
というか、逆に白虎の違和感のなさが異常(笑)
泰明はたぶんそういう仕様なんだと思う。
永泉が違和感なかったのが意外なんですが、これは顔立ち云々よりも、永泉の雰囲気と英語の文字がマッチしているからじゃないかと思います。丸っこくて優しげな感じ。
朱雀は普通にしゃべるよ、特にイノリ。この二人は全然違和感ない。


そして、一番最後にMANGAの読み方が載ってました。なんか新鮮。
CA9UJ0F8.jpg



背表紙に書いてあった遙かの作品紹介文
 ~白川(英語の成績1)意訳~

あかねはどこにでもいる10代の女の子。
しかし、彼女が龍の宝石を飲みこむと、その龍の宝石が彼女を古代日本の平安時代に移動させた!
そこは繁栄している町で、あかねはその人々を導く運命を持った、龍神の神子だと教わる!


私も翻訳者も頑張った!!

ちなみに友雅は
【Major General Tachibana】
だって。
将軍、って言うよりも側近だろ。武官だけどさ。

あと、武士団の馬場は
【Samurai House Grounds】
侍の家の広場。侍の家でかいな。
馬はどこ行った?(笑)


遙かの翻訳とか絶対大変だよね。
二陰一陽 にすごい長い注がついてた。大変だー。

スポンサーサイト

2009/09/09 00:00 | 日々のつぶやきCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。